BigHug BlogBigHugのブログ

| CALENDAR | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | PROFILE | Big Hug ホームページ |
ポルトガル 後述談 2017.05.17 Wednesday


覚えてますか?  ジョアンです。
15年来ポルトガルで探してやっとたどり着いた本物のタマンコス(木靴)職人。
6年ほど一緒に仕事が出来ましたが92歳の最後の日までタマンコスを作り続け亡くなってしまいました。

そのジョアンがポルトガルの職人だけを集めた写真集に載っていたのです。



他の職人は1−2ページなのにジョアンは8ページを使って紹介されていました。
亡くなった後 お墓参りに行った時 奥さんから、
’亡くなる前日にあなたからのオーダーの靴を全部完成させてあなたを待ってたのよ’ 
と言われ涙が止まらなかったのを覚えています。
自分にとって最高の職人の一人で彼の仕事から本当に多くを学びました。

ちょっと寂しくなってしまったので 楽しいポルトガルの料理を一つ紹介します。



肉の食べ放題ロッジオ。 ブラジルの料理ですが南アメリカで唯一ポルトガル語が話されているのがブラジル、、両国はとても縁が深いので料理も行ったり来たり、、



このように串で炭火焼焼きした色々な肉が次から次へとやってきます。
肉のわんこ蕎麦です、、 ストップをかけるまで出続けます、、しかも色々な肉の色々な部位で、、

食べる間もなく、、



皿はすぐに一杯になってしまいます。

2−3日 肉は要りません、、
| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
ポルトガルの旅も終わりです。 2017.05.04 Thursday


ポルトガルにも落書きは結構ありますが こ世界中にあるワンパターンの丸文字落書きだけでなく こんなユニークなのも結構あります。


そして今でもカセットテープがまだまだ使われていて自分の借りた車も音楽はカセットのみでした。
色々な意味で古いものがたくさん残っています。



暖炉は普通に家庭に一個はあるのは当たり前、、 暖房と日常的なBBQ料理場と兼ねます。



石積みの塀もごく一般的ですし、



原子力発電のないポルトガルでは風車もたくさん見かけます。

来るたびに これで十分なのではないだろうかと毎回考えさせられます。


| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
ウール生地とソックス工場 2017.04.28 Friday


上から見ると洪水でもあったら村が丸ごと流されてしまうのではないかというところにその工場はあります。



この人が3代目の社長、、家族経営でおじいさんが初代でしかも現在までここの一番の売りであるブレル(超縮絨ウール)を開発した人です。
3代目もここがオリジナルでありしかも現在でも同じ方法で作っていることにとても誇りを持っていました。



これが生地が織りあがった後に最初に洗いながら木の大きな金づちのようなもので叩いて生地をならす機械。
とても古くて現役とは思えない構造でしたが頑張ってます。

ここの生地は以前カプーシャとして防水ウールの頭からかぶるカッパのようなもので使わせてもらってます。
最近はバッグを作ることが多くなってます。
今回はもう少し軽くて柔らかい生地を頼むべくやってきました。






翌日は200km離れたソックス工場に、、



以前に紹介したソックスの編み機より若干新しいタイプですがそれでも30年は経ってます。



整然と100台ほど並んでます。  この工場も家族経営で2代目。
ロットが大きいのが難ですがクオリティは最高です、、 どうにかクリアして紹介出来るよう頑張ります。

これまで紹介したようにポルトガルというのは家族経営が多く、日本の株式会社のように良い人材を入れて大きくしようという意識は非常に低いです。
結果 会社は大概小さいのですがその分昔ながらやり方や職人が残っているのだと思います。

まだまだ探していきます、、、ポルトガルの奥深く内部に向かって。
| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
木底シューズ 2017.04.27 Thursday



本来タマンコス専門の職人だったのですが色々な形を頼んでいるうちにタマンコスより木底のサンダルがメインになってきました。



デザイン画をもとに作りますが、傍で説明しようとするとわかってるから大丈夫!
と ちょっと頑固な職人です。
結局 後で直すことは多いのですがその時は素直に応じてくれます。



2型目はほぼ修正なく仕上がりました。



相変わらず作業机は整理整頓されてます。



器用なので近所の人形劇団から頼まれた人形も作ったり、、



他の郊外のポルトガル人同様 食べるものは結構な割合で自分たちで作ります。




葡萄も準備万端、、 あと半年もしないで収穫できるでしょう。
| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
ポルトガルでMade in Journey開始。 2017.04.25 Tuesday
いよいよポルトガルに着てMade in Journey の再開です。



友人がドイツに行っていてその間使って良いよっと古い車を貸してくれたので早速 前もってルイが見つけてくれていたニット工場に行きました。
葡萄畑が広がる丘陵地帯にある小さな工房です。



前回見つけた織物工場の生地も扱っているようです。
奥にはやはりワイン、、ここは広いブドウ畑も持っていてニットとブドウと並行でやっているそうです。



いい風合いの糸を見つけました。



太さに変化のある糸も見つけました、、 気に入ったので早速デザイン開始。
これがビッグハグのやり方、 Made in Journeyです。



一通りデザインの説明が終わると、 じゃー という事で自家製ワインのある倉庫へ連れてってくれました。



今年の物ですが とてもおいしかったです。



帰りにカフェに寄りましたが ポルトガルではこのような健康的なベーカリーのようなカフェでもワインからウイスキーからなんでも飲めます。
’ちょっと一杯’ がとても気軽、 パッと着て一杯飲んで2−3分で帰る人も珍しくありません。

| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
スイス 2017.04.21 Friday
数年前に寄付金の代わりに販売用のTシャツを作って送っていたサンクトガレンのチルドレンビレッジ。
ここは色々な国の同じような境遇の子供たちと交換留学したり ラジオ局も持っているので中継車で各国を周るなど非常に活発な活動を今も続けています。
そこのラジオ局の責任者や別の部署の責任者が友人という事もありまたどんな事が出来るのか、必要なのか等々の話にポルトガル出張のついでに寄ってきました。

この2−3年の間にここのスタッフたちは出産ラッシュ しかもイースターと重なったためどこでも家族単位で集まっていました。
スイスのイースターでの子供たちをちょっと紹介します。





イースターと言えば ウサギが宝物を隠しているのでそれを探すのが子供たちの一番の楽しみ。



スイスですから やはりチョコレート、、



こんなウサギも、



バターもチョコレート、、



ふと探すのを止めて哲学的な顔になったり、、



ひたすらご機嫌の子も、、



大人たちはラクレット、、



ふと外を見ると春の色になってる木の間を雪がさわさわ降ってきてます、、

のんびりなブランチは夕方まで続き、話はアフリカのマデーラ島やポルトガルでのイベント、スエーデンでの野外活動などヨーロッパならでは近所だけど外国での活動がたくさん出てきました。

ビッグハグもおおいに応援します。
| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
沖縄 さちばるまやー閉店のお知らせ。 2017.01.17 Tuesday



昨年10周年のイベントを終えたばかりの沖縄の直営店さちばるまやーが今月 1月29日を持って弊店することとなりました。
オープンより10年間 一人でこの店を切り盛りしてくれたテルちゃんが本土に戻ることになり 新たな店長を探す事も考えましたが、この店自体テルちゃんと共に存在していたわけで、そのテルちゃんが居ないのに続けるという気持ちになれず閉店することとなりました。

今週から閉店セールを行い 20日からは閉店の29日まで休みなしでオープンしてますので お近くにお越しの際は是非ともお立ち寄り頂ければと思います。

10年の長きにわたりご愛顧くださった皆様 本当に有難うございました。

ビッグハグ   ナガイ
| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
ポルトガルで職人探しの旅 2016.10.15 Saturday




今回は新しい職人 工場を探してポルトガル北部を旅しています。
日本の4分の1の大きさとはいえ 交通手段が発達していないポルトガルを周るのは結構大変です。

上の写真、、なんの機械か分かりますか?
たぶん見たことある人は少ないでしょう。
古い靴下を作る機械でまだまだ現役で動いてます。




近くの町にはこれまたかなり古いスタイルでいまだに営業を続けている生活雑貨や。
彼が前の主人から引き継いで42年、、 若く見えますがもう56歳です、、ということは14歳からこの店で働いているです。 とても店と自分の仕事に誇りを持ってるなっと感じました。
お客さんも年季が入ってます。




カフェにあるゲームやはりサッカー、、 このゲーム日本では大分見なくなりましたがポルトガルではそこいらじゅうで見かけます。




今度はこれまた古い機織り機のある工場。




糸も整理整頓されてます。




ここで地元の羊からとれたウールで生地を頼んできました。
どんな風に上がるか楽しみです。





ランチはこの村特産のチーズがふんだんにかかった牛のステーキ、、 かーるく5−600gかな、、
厚いところは厚さ3cm近くのステーキです。





本当に山に囲まれた小さな村です。

このほかにもフィッシャーマンセーターをいまだに家の柄(日本で言えば家紋のようにニットの編柄が決まっているのです) だけ編み続けてるおばあさんも何人か見つけて頼んできました。

来年か 再来年の冬にはお披露目出来るかもしれません。


| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
秋のコーディネート 2016.10.05 Wednesday
標高の高い涼しい気候のところから沖縄のお客様までいるので秋のコーディネートと言ってもいろいろなんですが、、今回は薄地のドレスとニット帽



こんな感じです、、
ドレスは後ろ見頃が長めで、縦の切り替えによって分量も取ってある羽根のようなデザインのドレスを綿ガーゼ素材の裏付きで作ってあります。
歩くと後ろ見頃がフワッと、、



サリュ ウイングドレス
サリュとはタイ語でガーゼの事、後ろ見頃の羽根のようなデザインからウイングドレスです。




ウール コロボックルCap
そろそろ20年近い定番キャップですが いまだに一番人気です。




Kikの手刺繍トート L
ハンド刺繍の美しさと温かみで存在感のあるバッグ。


秋ですがこのような薄地のドレスにちょっと肌寒い日には上着は暖かニットというのも良いのでは?
| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
ティグレ族 2016.09.02 Friday
この時期はちょうどティグレ族の人たちの年越し前のお祭りシーズンでした。
この時期は危ないんです、、






仕事場をしていても、、








車で走っていても前に突然出てきて止められてしまいます。






レストランを出たところでも待ち伏せされます。


自分らは囲い込み強盗 と呼んでいますが、 誰でもあたりかまわず男性を見つけると囲んで奇声を上げながら踊るんです、、しかも若い女性のみ。




お金を上げるまで囲みはといてくれません。

楽しい強盗達です。
| コラム | comments(0) | - | posted by bighug99
| 1/26 | >>